松戸で中古マンションをリフォームする際に知っておきたいこと

投資のために松戸市内で中古マンションを購入し、中古マンションリフォームをする場合にはメリットや相場を考えておきたいところです。また重要なポイントを押さえることが必要です。

投資物件は世の中にたくさんありますが、不動産投資をしたい場合には中古マンションを購入するのが良いでしょう。この時松戸市で中古マンションを購入するならば、中古マンションリフォームについての知識を身に付けておかなければいけません。具体的にどのような知識が必要かを述べていきます。これを知ることにより、より無駄なく合理的に投資をすることができるはずです。

中古マンションをリフォームするメリット

中古マンションリフォーム 松戸

自分で稼いだお金や借りたお金を使い、中古マンションをリフォームする場合には当然ながらそこにメリットがあるはずです。人間はお金を使う場合、全くメリットがないと言う事はなく、必ず何らかのメリットがあると言えます。中古マンションをリフォームする場合には、そのメリットの1つが物件の価値が高まる事です。一般的に中古の物件に関しては、かなり古びている傾向があります。

マンションであっても、20年も経過すれば随分と古くなり、それこそ価値があまりないケースがほとんどです。この場合、価値を高めるにはどうしたら良いか気になるところですが、一戸建て住宅と異なりマンションの建物全体を自分の力で変えることができません。ただその一方で、部屋の中ならば自由に変更することができます。もちろん自由に変更するといっても全く制限がないわけではありませんが、リフォームをして壁紙や水回りの変更をする事は問題がないわけです。

リフォームをすることにより、価値が高まるポイントをしっかり抑えればそれだけで6桁から7桁の収入を得ることが可能です。売却をする場合ならば、一気にお金が入ってくる可能性があります。もし賃貸に出す場合には、最初から大きなお金は入って来ませんが、毎月不労所得のような形でお金が入ってくることが想定でき、これが1番のメリットと言えるかもしれません。

中古マンションリフォーム費用の相場

中古マンションリフォーム 松戸

古いマンションを購入した場合、どの程度リフォームをするべきか問題になります。リフォーム箇所が多ければ多いほど、その分費用がかかるからです。この範囲を特定することはとても重要であり、慎重に考えなければいけません。たくさんのお金を払えば、確かに見た目は良くなりますがそのものに需要がなければお金を払っただけ損をすることになり投資が失敗します。自分でそこに住むには自己満足に浸ることができるためそれでも良いですが、投資と考えるならばお金の使い方は慎重に行うべきです。

最低限行っておきたいポイントを見ていくと、まずは壁紙とフローリングの交換です。壁紙はすべての部屋で交換した方が良いですが、1部屋あたり30,000円から40,000円位になると考えたようです。フローリングは、ワンルームならば300,000円から400,000円位で済ますことができますが、3LDKになると80万円位かかるケースもあります。ただフローリングに関しては、安く済ませる方法もあり上から貼り付ける方法がこれに該当するでしょう。すでにあるフローリングの上に新しいものを貼り付けて、お金をかけないようにするわけです。

水回りも重要で、特にキッチンやユニットバスは70万円から100万円前後のお金がかかると考えて良いです。

部位で異なる中古マンションリフォームの主な費用

中古マンションリフォーム 松戸

場所によってリフォームの費用は大きく異なるため、一体いくらのお金をかけたら良いのかといった質問に対しては答えることができません。具体的な場所を見ていくと、例えばトイレの場合は安く済ませることができれば10万円でもよいでしょう。ただ10万円のリフォームは大抵の場合、必要最低限の機能しかないトイレになるためウォシュレットすら付いていないものが多いです。一昔前ならば、そのような物件でもよかったですがウォシュレットがない物件と言うだけで避ける人もいます。そのため、最低限ウォシュレットや便座が温まるタイプのものにすると15万円位の費用はかかるわけです。

キッチンに関しては、最新のものを導入すると900,000円位のお金になります。最新のものとは、例えば児童皿洗い器が内蔵されているものです。自動皿洗い器を利用すれば、かなり短い時間で皿洗いを済ませることができます。実際にそれを求めている人も多いため設置するのが良いかもしれません。ただ年配者向けの場合には、自動皿洗い器に価値を示さないケースがあるため、誰をターゲットにするかによって設備の設置内容を決めなければいけません。

ユニットバスのお金をかけようと思えばかけられますが、最低でも追い炊き機能ぐらいはつけておいた方が良いです。マンションの場合、それほど大きなユニットバスにはならないため、60万円から70万円程度の費用で新しくすることが可能です。

予算内で中古マンションリフォームを行うポイント

中古マンションリフォーム 松戸

いくらリフォームをするといっても、無尽蔵にお金をかけるわけにいかない事は前述した通りです。ではどのようにして予算の範囲内でリフォームを行うことができるでしょうか。

この方法は非常に簡単で、優先順位を考えておくことです。リフォームをするといっても、全体を行えばキリがなくお金が出て行ってしまいます。そこで、頭の中で優先順位を考えておき一番重要なものから考えていくわけです。わからない場合は、賃貸アパートや賃貸マンションなどで入居者が入れ替わる場合どこをリフォームしているのかを考えておくとわかりやすいです。普通は、壁紙は最低限新しいものに交換します。壁紙だけならば40万円もかかりませんが、それでもまだ予算が余っている場合にはフローリングを行いましょう。フローリングは汚れている部分が凹んでいる部分あるいはギシギシと音がする部分だけでも構いません。

水回りは1つが大きな金額になるため、慎重に行わなければいけませんが築20年以上の場合には全て交換した方が良いです。築10年の場合は、まだあと10年ぐらい使える可能性があるため、そのままでも良いですがもうすぐ壊れそうな感じやずいぶんと汚れている場合は、思い切って新しいものに交換する必要があります。

後は、網戸の交換等をした方が良いかもしれません。網戸は10年程度で経年劣化のため穴が開くこともあるためです。

中古マンションリフォームの見積もりをとるメリット

中古マンションリフォーム 松戸

人間は出費に対しては非常に敏感ですが、これは松戸市のマンションリフォームにおいても同様のことがいえます。特にマンションリフォームは、自動車を購入するぐらい大きなお金がかかるものです。この時できるだけ慎重にお金を出したいところですが、その前段階としてリフォーム会社から見積もりを取ることが必要です。この見積もりを取るメリットの1つは、相場が確認できることです。

ただし、1つの会社からしか見積もりをとらない場合にはいま1つ相場がつかめないことがあります。建築関係の仕事をしている人が投資などを行っている場合は別ですが、完全に建築関係でもなくリフォームに関して素人の人がリフォームを行っても、一体いくらかかるのかそして見積もり提示された金額が正しいのか判断がつきません。この場合には、複数の会社から見積もりを取ることが必要です。

例えば、3つの会社に見てもらいそれぞれ見積もりを出してもらえばおおよそどれぐらいが平均的な金額なのか分かります。また最初に出してもらった金額が標準的かどうかもわかってくるわけです。この時注意をするべき事は、あまりたくさんの会社に見積もりを依頼しないことです。多くの会社に見積もりを依頼すると、それだけ対応が大変になります。できれば3社から4社程度の会社に依頼すると無駄がありません。

千葉県内にある松戸市で投資物件を見つける場合、マンションなどが良いですがこのマンションはリフォームをする必要があります。リフォームをするときの費用やポイントをしっかり押さえ、見積もりを取り合理的に進めることが必要です。